Primary Content: Home

意外と盲点となるカーテンの費用

新居に引っ越しをする際、意外にお金がかかるのがカーテンの費用です。

 
テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品は、以前住んでいた家からのものを使用することができます。

 
また、ソファーや食器榔などの家具も、特別に新居用にと、わざわざ買い替えする必要もありません。

 
つまり、こうした家電製品や家具は、引っ越し時に買い替えなくても、引っ越ししてからしばらく新居て‘の生活を送った後にでも買い替えればいいわけです。ところが、カーテンはそうはいきません。

 
そもそも、引っ越し前の家で使っていたカーテンは、窓の大きさなどが違うため、使いまわしができません。

 
カーテンは、窓の大きさによってオーダーメイドで作るものであり、引っ越し後は、その新居にあったカーテンを作らなければならないのです。

 
もちろん、カーテンの値段も様々ですが、ベランダ用などの大きいカーテンの場合は10万円近くかかるものもあります。

 
4LDKの戸建住宅などでは、全部で30万円くらいかかることも珍しくありません。カーテンがないと外から丸見えです。こうした費用は、引っ越ししてすぐ必要になりますので、カーテン代も新居購入時には計算に入れておきましょう。

住宅ローンの所得控除とは何か?

最大50万円が控除される

 
長引く不況を脱するために、政府はあの手との手でモノを売って景気を活気づけようとしています。

 

 
特に住宅は、木材などの建築資材のほか、家具やカーテンなど様々な生活資材の販売に結びつきます。

 

 

よって、住宅の販売は、景気の回復に大いに役立つのです。

 

 
そこで政府は、住宅ローンを利用して住居老購入した場合、ローン残高に応じた一定金額を支払うべき税金から控除しようという策を出しています。

 

 
具体的には、銀行などの金融機関で住宅ローンを借り入れし、平成引1包年に居住をした場合、5000万円までの住宅ローンに関して、借入後旧年間、その残高の1%を住宅ローンから控除しようというものです。

 
仮に、住宅ローンの残高が3500万円だったとすると、その1%であるお万円が控除されるのです。

 

 
なお、長期優良住宅の場合は、最大切万円が控除されます。

 

 
最初の年に確定申告しておく必要がある

 

 
この住宅ローン減税を受けるには、住宅購入後、最初に迎える確定申告の時に、税務署にその申告をしておく必要があります。

 

 

詳しくは、税理士や税務署の職員に相談してみてください。

 
今では、わざわざ税務署まで足を運ぱなくても、インターネットでの申告も可能です。

 
またサラリーマンの場合、一度申告しておけば、それ以降の申告は不要です。

住宅購入後にかかる税金 はどれくらい?

住宅購入後にかかる税金は?

 
住宅購入後には、様々芯税金がかかります。

 
ますは、固定資産税です。固定資産税とは、住宅の土地や建物を所有することに対して、一定額の税金を支払うものです。

 
新居購入まで賃貸住宅に住んでいた人かうすれば、これまで、こうした税金の負担を強いられることはなかったと思いますので、非常に重く感じてしまうことでしょう。

 
課税額は、固定資産課税台帳に登録された価格である課税標準額の1・4%となっていますが、市町村によってはそれ以上にすることも可能となっています。

 

 

よって、課税額は自治体によって様々です。

 
また、平成山年現在では、新築住宅の建物には、戸建で3年、マンションで5年の軽減措置があります。

 

 

新築当初はありがたい反面、軽減措置経過後は、固定資産税の負担が増えることになります。

 
都市計画税は課税標準額の0.3%

 
都市計画税は、都市計画法で定められた、市街化区域内の土地・建物に対してかかる税金です。とれは、課税標準額の0・3%となっています。

 
不動産取得税は事実上ゼロ

 
数年前なうばかかっていた不動産取得税ですが、政府の景気刺激策の一環で、平成引年時点では実質ゼ口となる新築住宅が多くなっています。

 
こうした景気刺激策としての減税は、いつまで続くのかはわかりませんが、しばらくは続くものと思われます。

引越し費用もしっかりと 計算しておく

引っ越し費用を安くするには?

 
引っ越しと一言で言っても、荷物の多さや移動距離などによってその費用は様々です。

 
一般的に、4人家族で同じ県内での移動であれば、引っ越しの費用は十数万円程度を用意しておいたほうが良いでしょう。

 
しかし、こうした費用は減額可能です。

 
見積もりを依頼する際に、複数の引っ越し業者で比較検討し値引きを依頼するというのが一般的ですが、これ以外にも、引っ越しの時期を選、ふと安くなることがあります。

 
まず、季節によって遣いがあります。

 
引っ越しは新年度を迎える3月と、新年を迎えるロ月に依頼が殺到します。

 

 

したがって、との時期は引っ越し業者も多忙を理由に値引きに応じない可能性があります。

 
また、曜日によっても差があります。

 

 

言わすと知れたことですが、土曜日曜は依頼が多くあります。

 

 

つまり、こうした多忙な日を避けることで、費用も安く済むわけです。

 
午後のほうが引っ越しは安い

 
通常、引っ越し業者はトラックl台で、1日に午前と午後の依頼を受けます。

 

 

午前は9時開始といったように、時間どおりに始まるのですが、午後は午前の仕事が終わり次第ということで、正確な時闘が読めません。

 
したがって、その分だけ費用が安くなるのです。

 
なお、住宅販売業者と提携している引っ越し業者なら割引があったりしますので、チェックしておきましょう。

 

 

家を売るなら今すぐ無料査定しよう。その方が損しませんよ。

火災保険とは何か?

住宅口lン時の火災保険

 
住宅ローンの返済はお年といった長期になるため、その聞に様々なことが起こると想定されます。

 
火災もその1つで、家が火災の被害を受けると生活の基盤である住居を失い、再建築するための費用のほか、仮住まいのための家賃負担だけでなく、無くなった住居に対する住宅ローンも払い続けるととになります。

 
火災で家を失う精神的負担に加え、そうした経済的負担もかかることから、金融機関は顧客に火災保険の加入を勧めています。

 
ただ、金融機関によってその対応は様々で、住宅ローンの期間と同じ長期の火災保険の加入を条件としている銀行もあれば、1年更新の火災保険でも可としている銀行もありますが、いすれにしても加入を勧めています。

 

 

保険会社によって値段は様々

 

 

住宅用の火災保険には、一般的に「住宅火災」と「住宅総合火災」の2種類があります。

 
住宅火災は、住居の火災や風災のみの対応ですが、住宅総合火災では住居の火災に加え、床下浸水といった水害や、野球のボールが飛んできて窓ガラスが割れたといった被害まで対応しています。

 
また、支払う保険料も保険会社によって差があります。

 

 

同じような保険内容でも、数万円の差があることも珍しくないのです。

 
複数の火災保険を扱う保険代理屈で見積もりを取り、比較検討してみることをお勧めします。

住宅購入後はすみやかに 生命保険を見直そう

保険を見直し、住宅ロlンの返済に

 
住宅ローンを借りると、ほぼ強制的に団体信用生命保険に加入することになります。

 

 

そうすると、従来より加入していた生命保険に加え、さ5にもうlつの生命保険に加入することになるわけです。

 
たとえば、従来、一家の大黒柱に万一があっては残された家族が困るからと、5000万円の生命保険に加入していたとします。

 

 

そこに、3000万円の住宅ローンを借りて団信に加入すれば、生命保険金額は合計8000万円にもなります。

 
死亡時にたくさんの保険金を受け取っても邪魔にはなう芯いかもしれません。

 

 

しかし、多額の保険金を受け取るということは、多額の保険料を毎月支払っているということでもあります。

 

 

そこで、団信への加入を、従来の保険料を見直す絶好の機会だと考えることにしましょう。

 

 

保険の見直しで、毎月1万円以上の削減も可能

 
先の例のように、従来より5000万円の生命保険に加入していた人なうぱ、団信加入時に保険金額を削減することも考えるべきでしょう。

 

 

仮に、5000万円かう3000万円に保険金額を削減したら、保険料も5分の3に削減できます。

 

 

つまり、毎月3万円の保険料を支払っているのであれば、それが1万8千円になり、1万円以上も削減できたことになるのです。

 
もちろん、人生設計との兼ね合いもあるので、そう簡単には減らせないでしょうが、たとえ数千円であっても削減できれば、その分、住宅口lンの返済にお金が回せます。

団体信用生命保険とは何か?

住宅ロlンの借入時に加入する保険

 
団体信用生命保険は、住宅ローンを借り入れた際に、ほぼ強制的に加入させられる生命保険です。

 
もし、債務者がローン支払い中に死亡や重度障害で働くことができなくなった場合、家族は口ーンの支払いが困難になることが予想されます。

 
そこで、ローンを返済する顧客側、そしてローンを返済してもらう金融機関側にとっても、その双方、が困らないようにと債務者が生命保険に加入することで、万一の際には生命保険金から残っているローンを返済してもらおうという仕組みが、団体信用生命保険なのです。

 
団体信用生命保険に対する保険料は、通常、金利に含まれています。

 

 

したがって、顧客側が財布からお金を取り出して、まとまった保険料を支払うといつことはありません。

 

 

フラットおの場合は強制加入ではない

 
団体信用生命保険ですが、銀行などの民間の金融機関では強制的に加入させることが原則です。

 
しかし、住宅金融支援機構のフラットおの場合は、強制加入ではありません。

 

ただ、もし加入したいのであれば、「機構図信」に加入します。

 
この「機構図信」は、その特約料が金利に含まれていません。

 

 

年1回、ローン残高に応じた特約料を別途、支払う必要があります。

 
健康上に問題がなければ、万一に備えておくという意昧で、団体信用生命保険に加入しておいたほうが無難だといえるでしょう

仲介手数料について

手数料は販売価格の約3%

 
住宅芯どの不動産の売買時には、住宅購入者は、その仲介する業者に対して手数料を支払います。

 
住宅の場合、その住宅を建築して販売する売主のほかに、チラシなどを作成して販売を専門的に行う不動産仲介業者が存在します。

 
その不動産仲介業者は、売主に代わって販売の代行を行うわけであり、その手数料を売主かうだけでなく買主からも約3%すつを上限に請求することができるのです。

 
これらは、住宅販売のチラシを見れば小さな字で「販売手数料3%」とか「販売手数料ゼ口」といったことが書かれていますので、購入時にはチェックしてください。

 

 

ちなみに、3000万円の住宅を購入した場合、住宅購入者は100万円の仲介手数料を不動産仲介業者に支払うことになります。

 

 

売主直販で手数料不要も多くなっている

 
ただし、最近ではこうした手数料を請求しない売主も多くなっています。

 

 

特にマンションの場合などは、売主か5販売業者に3%を支払っても、貫主には請求しないところが多いようです。

 

 

こうした手数料を支払うことを敬遠したがる消費者が多いためで、そうした負担を軽減することで、早期完売を目指しているようです。

 
また、戸建住宅でも、売主直販により手数料無料といった住宅が多くなっています。

購入時にかかる税金に ついて

契約書などに賠付する印紙税

 
不動産などの売買契約書には、収入印紙を貼5芯ければなりません。

 

例えば、3000万円の物件なうぱ、2万円の印紙を貼る必要があります。
また、銀行との聞には、金銭消費貸借契約書を取り交わします。

 

とれは、平たく言えば借用書のととですが、これにも印紙を貼ります。仮に3000万円の住宅ローンであれば、2万円の印紙、か必要とな
ります。

 

不動産取得税と固定資産税
住宅購入時には、都道府県に納める地方税として、不動産取得税かあります。
これは、固定資産税評価額の3%を納めるのですが、平成引年現在、新築物件の場合は、床面積が50~240㎡であれば最大1200万円まで軽減する措置があります。これにより購入者の多くは、不動産取得税がゼ口になります。
また、不動産取得時には固定資産税を売主と日割りで按分します。

 

 

というのも、固定資産税は1月1日現在の所有者が1年分を納付するのです。住宅購入の場合で言うと、売主が1年分を先に支払ってくれています。
そのため、所有権移転後の固定資産税額は、購入時に計算をし、移転日からロ月引日までの税額を住宅購入者、か売主に支払うことになります。
具体的には、左ページの図の下の「固定資産税」のところに書いてあるとおり、売買までの日数に応じ
て税金の額を計算し、それを売主に支払います。

 

 

売買時には、こうした税金も必要となりますのでご注意ください。

司法書士に行ってもらう ことになる手続き

司法書士に支払う費用について

 
住宅購入時には、その土地や建物が誰のものなのかという所有権を明確にしておく必要があります。

 
また、銀行などからローンを借りた場合には、その借金をどこの銀行からいくら融資を受けたのかという抵当権に関するととも、明確にしておく必要があります。

 
そうした、法務局で登記などの法的な手続きを行ってくれるのが司法書士です。

 
司法書士に対しては、所有権と抵当権それぞれに登録免許税という税金を支払うほか、その手続きに対する報酬を支払う必要があります。

 
登録免許税は通常、新築物件で土地の場合、物件の固定資産税評価額の1000分のmωと芯っていますが、平成引年現在では軽減措置があり、通常時の2分のーとなっています。

 
なお、登録免許税といった税金を、司法書士を通じて納める場合、どの司法書士に依頼をしても同額となります。

 

 

司法書士に支払う報酬について

 

 

登録免許税といった税金とは別に、司法書士に対して報酬を支払うことになります。

 
かつては、報酬額基準というものがあったのですが、今では、顧害と司法書士闘で自由に報酬額を決めることができます。

 
ただ、住宅ローンの場合は、銀行や不動産業者の指定する司法書士で行うのが一般的です。

 
した、かつて、複数の司法書士に見積もりを依頼して比較検討する必要はありません。